Rhinoceros

 Artlantis for Rhinoceros   (5対応)


 

ArtlantisはRhinoceros(ライノセラス)から直接Artlatisファイルに変換できるプラグインを提供しています。

下記にArtlantisの基本的な情報をお知らせいたします。

- Artlantisのファイルフォーマット (.atl)は、Windows版 および Mac版に対応しています。
- 光源・視点(カメラ)・オブジェクト・太陽・平行投影・VRオブジェクト・パノラマ・動画があります。
- 透明なマテリアル
- Rhinoceros(ライノセラス)の “Rendered” 色に対応
- Rhinoceros(ライノセラス)のオブジェクト名 ・ レイア名が表示されます。
- スムーズな表面
- 月日およびその時間に正確な太陽の位置

2.作業の流れについて

Step 1: Rhinoでモデリング

 

rhinoceros

Step 2: Artlantisファイルに書き出し

まず、File / Save As... ライノセラスのファイルを保存し、 File / Export Selected... Artlantisの拡張子(.atl)を選択し、Artlantisファイルに書き出します。

オプションについては、 下図のように、レイア・マテリアル・オブジェクト等考慮して選択してください。

rhino rhino

 

 

Step 3: Artlantisで編集

Artlantisを起動させてください。
Rhinoのモデリングを開き、シェーダ・光源・周辺の環境・オブジェクトなどを追加していきます。

Rhino

 

 

Step 4: Rhinoでモデリングなどを変更した場合

ライノセラスでモデリングを変更してください。

元のArtlantisファイルを開いた状態で、メニューの「参照ファイルを開く」を選択します。すると下図のウィンドウが開きます。変更した項目をクリックしてファイルを開いて下さい。

照明・太陽・オブジェクト・視点・平行光源・パノラマ・VRオブジェクト・アニメーション です。

rhino